決済カードとT&Eカード

クレジットカードのブランド

国際的なクレジットカード決済ネットワークの管理・運営を行うのが国際ブランドです。

 

カード表面の右下にあるマークがブランドですが、クレジットカードの国際ブランドには、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)が有名ですね。

 

JCBは日本のクレジットカード業界最大手であり、国内では唯一の国際ブランドです。世界的にはVISAとMasterCardが2大ブランドとなっています。

 

そのほかにも、高級ブランドのイメージがある、AMERICAN EXPRESS、略称Amex(アメリカン・エキスプレス、略称アメックス)や、Diners Club(ダイナースクラブ)などがあります。

 

また、クレジットカードのブランドは大きく分けて、決済カードT&Eカードに分けられます。

 

決済カード

クレジットとは信用取引のことで、クレジットカードは商品やサービスを購入する時の決済方法のひとつであり、その決済自体を目的として作られた企業のサービスが決済カードです。

 

決済カードは、分割払いの回数やリボ払いなど、利用時の決済方法の選択肢が豊富に用意されています。

 

VISAおよびMasterCardはアメリカ合衆国に拠点を置く国際的な決済ネットワークを管理・運営する会社ですが、両社ともクレジットカードの発行や会員向け業務は行っておらず、両社から権利を得たクレジットカード発行会社が、カードの発行およびサービスの提供を行っています。

 

ビザカードマスターカード

 

カードの発行や会員向けのサービスを行う企業をイシュアといいますが、クレジットカード裏面にはイシュアである会社の連絡先のみが書かれており、イシュア業務を行っていないVISAやMasterCardの連絡先は書かれていません。

 

T&Eカード

T&Eとはトラベル&エンターテイメントの略で、もともとはトラベラーズチェックや旅行代理業をはじめとする旅行事業を主として行っているAMERICAN EXPRESSが発行するクレジットカードはこれに当たります。

 

ダイナースクラブカードや、日本のJCBカードもT&Eカードの分類に入ります。

 

T&Eカードは、クレジットカードの基本的な決済機能は当然ながら、それに加えて航空会社やホテル、レストラン、ゴルフ場、劇場など、旅行や娯楽のための優遇サービスのほか、各種保険などが充実しているのが特徴のカードとなっています。

 

また、自社発行のアメックスカーなどには、カード毎に利用限度額が設定されていないなど、利用実績に応じて手厚いサービスを受けられる変わりに、年会費が比較的高いカードが多くあります。

 

さらに、一括払いしかできないカードもあるなど、決済カードと比べると支払い方法の自由度が少ないなどの特徴もあります

 

アメックスカードアメックスカード

 

JCBやAMEXカードは、VISAやMaster Cardとは異なり決済ネットワークの管理・運営だけでなく、会員向けのイシュア業務も行っているため、カードの裏面には連絡先が書かれています。

 

 

世界的にはVISAおよびMasterCardの加盟店が多いですが、国内ではJCBがトップシェア(次いでVISA)となっており、JCBはアジア圏においてもVISAやMasterCard並みの加盟店を増やしています。


ホーム