プロパーカードと提携カード

クレジットカードの種類

クレジットカードの分類の仕方のひとつに「プロパーカード」と「提携カード」があります。

 

プロパーカード

私たちカード会員向けの業務を行うカード会社(イシュアといいます)が自ら発行するカードを「プロパーカード」といいます。

 

提携カード

プロパーカードに対して、クレジットカード会社が会員の増加等を目的に様々な企業と提携して発行するクレジットカードを「提携カード」といいます。

 

プロパーカードと提携カードの例

プロパーカードはJCBやAMEXなど国際ブランドそのものが発行するカードはもちろんのこと、それだけでなく、VISAやMasterCardは自らカードを発行しないことから、国内のクレジットカードブランドが発行するものも「プロパーカード」となります。

 

NTTグループカードはNTTファイナンスのプロパーカード
NTTグループカードはNTTファイナンスのプロパーカード

 

例えば、アメリカン・エキスプレス・カードやJCB一般カードのほか、三井住友VISAクラシックカードや楽天カードなどが「プロパーカード」となります。

 

それに対してANAカードは三井住友VISAカードやJCB、American Expressとの「提携カード」ですし、JALカードはJCBや三菱UFJニコス、JR東日本VIEWカード等との「提携カード」となっています。

 

ANAカードは提携カード(写真はAMEX)
ANAカードは提携カード(写真はAMEX)

 

そのほか、高ポイント還元率で人気のREXカードは、イシュアであるジャックス(JACCS)が価格コムとの提携により発行している「提携カード」ですし、リクルートカードについては、三菱UFJニコス(国際ブランドがVISAの場合)および、JCB(JCBブランドの場合)が、それぞれ発行している「提携カード」です。

 

プロパーカードと提携カードのメリット・デメリット

提携カードは、提携企業が利用者を囲い込む目的で発行しているもので、高いポイント還元率や独自特典などを受けられるのが特徴です。

 

プロパーカードはその高いステータス性から会員になるための審査基準も高いですが、海外旅行傷害保険やショッピング補償など手厚い付帯サービスが受けられます。

 

プロパーカードと提携カード、それぞれの詳細については別途紹介したいと思います。

 

ハウスカード

クレジットカードの種類には、プロパーカード、提携カードのほかに、小売企業などが自ら発行し特定の店舗でしか利用できない、「ハウスカード」というものもあります。

 

全国で利用できるハウスカードには、例えば、コスモ石油が発行し、コスモ石油のサービスステーション等でしか利用できない「コスモ・ザ・カード・ハウス」があります。(「コスモ・ザ・カード・オーパス」は、国際ブランドと提携し、イシュアであるイオン銀行との「提携カード」です。)


ホーム