プロパーカードのメリット

プロパーカードのステイタスと手厚い付帯サービス

私たちカード会員向けの業務を行うクレジットカード会社(イシュア)が、自ら発行するカードを「プロパーカード」といいます。

 

クレジットカードの多く(ほとんどと言っても良いかもしれません)がプロパーカードではなく、カード会社の会員増および、提携企業の利用者囲い込みのために発行されている、いわゆる提携カードです。

 

提携カードはイシュアの提供する共通サービスに加えて、特定の加盟店等で利用することにより、上乗せで提携企業の独自サービスを受けられるメリットがあります。

 

プロパーカードにはそのようような上乗せのメリットがありませんが、プロパーカードが無くなることはなく、常に人気を誇っているクレジットカードなのです。

 

ではなぜプロパーカードは人気なのでしょうか?それはプロパーカードならではのステイタスと付帯サービスでしょう。

 

プロパーカードのステイタス

ゴールドカード

プロパーカードには一般カードのほかに、ゴールドカードやプラチナカードなど上位カードが存在するのがほとんどです。

 

利用者の囲い込みが目的のひとつである提携カードにもゴールドカードが存在する場合もありますが、ほとんどのカードにはありません。

 

高いステータスのクレジットカードを持つことにより、利用限度額を大きくしたり手厚いサービスを受けられるようになりますので、ステータスを重視するユーザには非常にメリットの大きいカードとなるのです。

 

そのような高いステータスのクレジットカードは誰でも最初から持てるものではなく、利用実績を積むことにより実現するものなので、目先のメリットのためではなく将来のステイタスを求める人たちにプロパーカードは選ばれているのです。

 

付帯サービス

また、プロパーカードには海外旅行傷害保険やショッピング補償など、万が一のトラブルのときに頼りになるサービスが、当該旅行やショッピングのカード利用の有無に関わらず自動付帯されていることが多いです。

 

もちろん提携カード(特に交通・旅行系)にも付帯されているものもありますが、このような付帯サービスは、ステイタスの高いカードほど手厚くなっており、プロパーカードを持つメリットのひとつであると言ってよいでしょう。

主なイシュア(会員向け業務を行う団体)

プロパーカードを発行し会員向け業務を行っている主なイシュアの例は次のとおりです。

  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
    • MUFG
    • DC
    • UFJ
    • NICOS
  • セディナ
    • Cedyna
    • OMC
    • CF
  • オリコ
  • ジャックス
  • ライフ
  • 楽天カード
  • クレディセゾン
    • SAISON
    • UC
  • イオンクレジット
  • ビューカード(JR東)
  • NTTファイナンス
  • ヤフー
  • SBIカード
  • アコム

ホーム