提携カードのメリット

独自サービスで選ぶ提携カード

数えきれないほどの種類のあるクレジットカードですが、そのほとんどが「提携カード」となっています。

 

提携カードとは、カード会社の会員増のほか、提携企業の利用者囲い込みを目的として、他企業等と提携して発行されているクレジットカードの種類です。

 

提携カードは、プロパーカード(※)の基本サービスが受けられる上に、提携企業が提供する独自サービスを受けることができます。(※ プロパーカードとは、会員向けのサービスを行うカード会社が自ら発行するカードです。)

 

クレジットカードの主なサービスと言えば、最も身近で利用されているものにポイント制度がありますが、提携企業の店舗や特定の加盟店で利用することにより、ダブルでポイントが貯まったり、高い還元率でポイント等が付与されることが提携カードの一番大きなメリットでしょう。

 

逆に言えば、自分がよく利用する店舗やネットサービスと提携したクレジットカードを選ばないと、そのメリットを十分に活かすことができません。

 

ライフスタイルにあったポイント制度

クレジットカードのポイント制度には色々な種類がありますので、自分のライフスタイルに合ったポイント制度のカードを選ぶことは言うまでもありません。

 

例えば、旅行が趣味ならマイルの貯まる航空会社系のカードにしたり、ポイントを生活費に充てたいなら日常的に利用するスーパーなどの提携カードを使って、そのメリットを最大限に活かすことが大事ですよね。

 

年会費が無料

また、プロパーカードはそのステイタスを重視しているため、年会費が必要なカードが多いのですが、提携カードには年会費が永年無料、永久無料のものも多くあります。

 

主な提携カード

提携カードの例と、その主なイシュアを紹介します。

  • ANAカード(三井住友VISA、JCB、AMEX)
  • JALカード(JCB、DC、MUFG)
  • ビュー・スイカカード(銀行、イオン、ヤフー)
  • PiTaPaカード(三井住友VISA)
  • JTB旅カード(セディナ)
  • プレミアムドライバーズカード(NICOS)
  • NEXCO中日本カード(イオン)
  • 高島屋カード(セゾン)
  • PARCOカード(セゾン)
  • WOWWOWカード(セゾン)
  • AOYAMAカード(ライフカード)
  • REXカード(JACCS)

ホーム