海外(国内)旅行傷害保険が付帯!

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯

海外や国内の旅行には欠かせないクレジットカードですが、現金を持たずに商品購入の決済ができるという便利さだけでなく、旅行時のサービスがいろいろ付帯しているのも特徴です。

 

特に、イザというときに頼りになる海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険ショッピング補償保険が付帯しているクレジットカードはたくさんあります。

 

最近では決済機能のみに特化したクレジットカードは少なくなっており、様々なサービスが付帯されていますが、その中でも旅行傷害保険ショッピング補償はほとんどのカードに付帯されているといっても過言ではないでしょう。

 

しかし、旅行傷害保険の付帯条件は一律ではなく、大きく分けて「利用付帯」と「自動付帯」に分かれます。

 

旅行傷害保険の利用付帯

対象となる旅行の代金の全額または一部を、そのクレジットカードを使用して支払った場合に付帯される旅行傷害保険です。

 

旅行傷害保険の自動付帯

基本的には旅行代金の支払いに関係なく、クレジットカードの会員になった時点で自動的に旅行傷害保険が付帯するものです。

 

 

利用付帯、自動付帯いずれの場合においても、その旅行が保険の対象になるのか確認しておく必要はあります。

 

海外旅行傷害保険は自動付帯のものが比較的多くありますが、国内旅行傷害保険はステイタスの高いクレジットカードでない限り利用付帯となっていることがほとんどでしょう。

 

また、もともと旅行やエンターテインメントを楽しむために発行されているT&Eカード(※1)には旅行傷害保険が自動付帯されているものが多いと言えるでしょう。

 

旅行傷害保険の内容と補償額

海外旅行傷害保険の補償内容には、例えば次のようなものがあります。

  • 傷害による死亡・後遺傷害
  • 傷害による治療費用
  • 疾病による治療費用
  • 携行品の損害
  • 賠償責任
  • 救援者費用

 

また国内傷害保険の補償内容には、例えば次のようなものがあります。

  • 傷害による死亡・後遺傷害
  • 傷害による入院
  • 傷害による通院

 

カードには、それぞれの補償額が決められており、ステイタスの高いクレジットカードほど高い補償額となっているのが一般的で、本会員や家族会員のほかにもカード会員でない家族特約があるものもあります。

ショッピング補償

ショッピング保険買い物保険と言われる「動産総合保険」のついたクレジットカードも多くあります。

 

これは、そのカードで購入した商品の破損などによる損害を補償してくれる保険です。

 

事故等による、購入した商品の破裂、火災、落雷、爆発、破損、盗難などが補償の対象となりますが、当然のことがら、利用購入日からその日も含めて90日など、補償期間が決められています。

関連ページ

年会費無料で使える
クレジットカードを利用するために通常は年会費が必要となります。ところが、中には年会費無料のクレジットカードも存在します。それは何故でしょうか?
ポイント還元率で使える
ポイント還元率を重視してクレジットカードを選ぶ場合は、ご自身のよく利用するサービスに使えるポイント制度のカードを選ぶことが大切です。
ETCカードが使える
ETCカードは、現在利用しているクレジットカードのサブカードとして申し込むことができます。現在クレジットカードを持っていない場合は、新規にクレジットカードと同時に申込む必要があります。
チケット購入で使える!
チケット販売会社が発行している提携カードなら、会員専用のチケット枠があったり、抽選チケットに当選する確率が増えたりまど、プレミアムチケットを取りやすくなります。
支払方法が豊富で使える!

ホーム