ETCカードが使える

ETCカードを作るにはクレジットカードが必要

ETCカードの作り方は、クレジットカードを持っていれば簡単です。

 

利用中のクレジットカードのサブカードを申込む

ETCカード

すでに利用しているクレジットカードがあり、そのサブカード(※1)としてETCカードが発行できるのであれば、すぐにでも申込むことができます。

 

一部のカードを除いて、ほとんどのクレジットカードでETCカードが使えると思って良いです。

 

サブカードは、クレジットカードの付加サービスを提供するために発行されるカードであり、「ETCカード」のほかに、「家族カード」、ネット決済用のカードレス「バーチャルカード」、携帯電話などで利用する「おサイフケータイ」などがあります。

 

新規にクレジットカードと同時に申し込む

現在クレジットカードを持っていない場合は、新規にクレジットカードと同時に申込む必要があります。(クレジットカードの発行には当然のことながら審査があります。)

 

それは、ETCカードのほとんどが単独で発行されるものではなく、基本的にクレジットカードのサブカードとして発行されているからです。

家族カードと同時に申し込む

また、親や配偶者がクレジットカードをお持ちであるなら、ご自身で新たにクレジットカードを申し込まなくても、ETCカードと同じくサブカードである「家族カード」をETCカードと一緒に申込むこともできます。

 

 

 

ETCカードの年会費は永年無料のものもありますが、最近では初年度無料であっても、2年目からは利用実績がない場合には有料(年額で税抜500円程度)となる場合が多いようです。

 

例えば、ETCカードの年会費支払月から過去1年間の間に1回以上のETC利用の請求があった場合には年会費が無料となります。

 

また、同じクレジットカード会社のETCカードでも、プロパーカードのサブカードの場合は年会費無料であっても、提携カードの場合は有料となる場合があるようなので注意が必要です。

 

ETCパーソナルカードを申し込む

クレジットカードの利用ができない方向けのETC単独で発行されるカードには、全国の高速道路会社が共同で発行する「ETCパーソナルカード」があり、クレジットカードのような審査はありませんが、保証金(デポジット)の預託が必要で、それを担保にETCカードを利用することができます。

 

デポジットの金額は最低でも40,000円必要で、利用実績に応じて追加でお願いされる場合があります。デポジットはプリペイドではなく「担保金」であり、通行料金に充てることはできず、通行料金は別途毎月支払う必要があります。

 

ちなみにデポジットの金額は、「平均利用月額(10,000円未満の場合は10,000円)の4倍」、または、「年間最高利用月額を20,000円単位で切り上げした額」のどちらか高い額となります。

 

このようなことから、ETCカードは、クレジットカードを持てない方を除いてはサブカードとして発行するほうが良いでしょう。

関連ページ

年会費無料で使える
クレジットカードを利用するために通常は年会費が必要となります。ところが、中には年会費無料のクレジットカードも存在します。それは何故でしょうか?
ポイント還元率で使える
ポイント還元率を重視してクレジットカードを選ぶ場合は、ご自身のよく利用するサービスに使えるポイント制度のカードを選ぶことが大切です。
海外・国内旅行で使える!
海外や国内の旅行でイザというときに頼りになる海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング補償保険が付帯しているクレジットカードはたくさんあります。
チケット購入で使える!
チケット販売会社が発行している提携カードなら、会員専用のチケット枠があったり、抽選チケットに当選する確率が増えたりまど、プレミアムチケットを取りやすくなります。
支払方法が豊富で使える!

ホーム